土地0円ハウスとは

「0」でかなえる、新しい理想の暮らし。

家を持ちたい、
でもローンに追われたくない。
趣味だって諦めたくない。
そんなあなたに。

土地0円ハウスとは、定期借地権付き住宅太陽光発電を組み合わせて戸建住宅を建てる、画期的な仕組みです。土地を買わずに、借りるだけ。
賃貸に住むよりも安く、高品質な一戸建てに暮らすことができます。
土地を所有しない代わりにライフスタイルはずっと豊かに。そんな考え方、土地0円ハウスが叶えます

なぜそんなに安く
庭付き・新築戸建てに住めるの?

その秘密は、
定期借地の家+太陽光発電

Point 1
広々4LDK
駐車場2台〜
建物だけを買い、
土地は借りる。

通常、戸建住宅には土地価格が含まれますが、
建物と土地を切り分けて購入する画期的な方法です。

「定期借地の家」のしくみ。建物を2,200万円で購入、土地は借りる(毎月、賃料を支払う。期間は50年)

50年間、その土地を自由に使える、という考え方。その間に貸すこともできるので、暮らしの変化にも柔軟に対応。50年後は更地にして返還します。

Point 2
太陽光発電パネル
標準搭載
土地の賃料は、
売電収入で相殺。

太陽光発電の売電収入を土地の賃料(地代)に
充てることで、実質土地代は0円となります。

「太陽光発電/実質土地0円」のしくみ。太陽光発電の売電収入1.8万円/月、▲地代1〜2万円/月、相殺し実質土地0円

土地を確保するために必要な費用負担が減り、
建物にお金をかけられます。

Point 3
返済額6万円台〜
土地代実質0円
実質、建物価格
だけで購入できる。

住宅ローンの負担を軽減。4LDKの一戸建に
いまお住まいの賃貸住宅より、お安く住めます。

住宅ローン返済額は約6万円台〜/月。2,200万円を35年、金利1.04%、ボーナス時0円の住宅ローンで購入した場合、64,593円/月

※1 1kWあたり21円(税込)で売電を行った場合で試算。この売電量・日射量は当該地域における気象データを元に予測計算された予想量であり、お客様のシステムの発電量を保証するものではありません。日射量の値はNEDO日射量データベースを使用しています。売電価格は国の保証により変更する場合があります。詳細については係員にお尋ね下さい。
※2 返済例は、住宅金融支援機構住宅ローン1.3%(固定金利)を利用した場合です。金利は通年優遇を利用した場合で、優遇は条件を満たした方のみに適用されます。また、融資額は年収、その他の条件により異なります。※その他に事務手数料等の諸費用が必要となります。また保証料・火災保険料・担保設定費用が別途必要です。※返済例は2020年6月4日現在のもので、実際は融資実行時の金利が適用されます。※申し込みにあたり融資審査が必要となります。年収等諸条件により住宅ローンがご利用いただけない場合もございます。

比べてください

土地0円ハウスには
メリットがたくさん

img

支払シミュレーション

35年間で
土地付き住宅より
約1,680万円の節約

支払シミュレーション

土地0円ハウスは、
先行き不透明な時代の
賢い選択

定期借地権を利用した土地0円ハウスについて、実際にどの程度の予算で戸建て住宅が手に入るのか、土地付き住宅と比較して考えてみましょう。まず、土地を買って家を建てる場合の約55%、およそ半分の予算で家が購入できるという計算になります。
月々の支払い額を比較すると土地0円ハウスのほうが、月々の支払いは毎月4万円も負担が少なくてすむことになります。1年で約48万円、35年間では1,680万円もの差になるのです。土地代は太陽光発電の売電収入で相殺するので、先行きが不透明な時代にあっても、長期にわたる住宅ローンの負担というリスクを抑えながら、マイホームという家族の夢をかしこく実現できる方法なのです。

支払シミュレーション